[Xcode] iOS 7 Safariリーディングリストの実装

実装はシンプルです。

先日、SmileLaunch+に追加したSafariリーディングリストへの追加機能。

Safariリーディングリストは、Safariの機能だけど、iOS 7からは、アプリからの追加ができるようになりました。

実装が簡単なので、内蔵ブラウザを持っているアプリは、ささっと入れちゃいましょう!

追加するフレームワーク

SafariServices.framework

iOS 7で追加されたフレームワークです。Xcode5でビルド必要する必要がありますね。

アプリがiOS6以前もサポートするようであれば、Optionalとして追加します。

その場合は、以下のコード呼び出しも、iOSバージョンを参照し、分岐させる必要があります。

Safariリーディングリストへ登録する

#import <SafariServices/SafariServices.h>

-(void)addReadingList:(NSString*)urlString title:(NSString*)titleString{
    //NSString *urlString = @"http://cocoamix.jp/";//保存したいURL
    //NSString *titleString = @"Cocoamix";//Webサイトのタイトル

    SSReadingList *readingList = [SSReadingList defaultReadingList];
    NSError *error = [NSError new];
    BOOL kekka =[readingList addReadingListItemWithURL:[NSURL URLWithString:urlString] title:titleString previewText:nil error:&error];
    if(kekka)
    {
        NSLog(@"追加した!");
    }else{
        NSLog(@"エラー!");
    }
}

追加をすると、Safariのリーディングリスト(ブックマークの眼鏡マークのところ)に追加されています。

iCloudでSafariも同期対象としていると、iPadやMacでも参照できるので、かなり便利な機能。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロミー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。