[iOS] アプリリジェクトの際のアピールという手段

先日リリースしたアプリ 「Web検索

リリースまでに4回リジェクトされてしまいましたが、通常の受け答えでは、ずっとリジェクトされ続ける雰囲気がありました。

多分どう説明しても、審査は通りそうもなくなってしまったため、別の手段を使っています。

リジェクトの際、Resolution Centerで、レビュアーの方とメッセージをやりとりしますが、上記のような状況になってしまったため、リジェクトに対するアピールという別の切り口から攻めました。

開発者向けに、そういった方法も提供されています。

App Review Board

機能の誤解によるリジェクトと考えられる場合、アプリ審査チームへ、誤解を解いてほしいとアピールできます。

※開発者のみアクセス可能
Contact the App Review Team

ここへのリンクは、
Developer Support Center > App Store Distribution 内、App Review の下の方にあります。

I would like to appeal an app rejection.

を選択し、あとは誤解を解いてもらえるように、
「リジェクト理由に対して、間違いと思われる内容の指摘」
など、できるだけ詳細を Description に記載し送信します。

アプリはリジェクト状態のままで、再アップロードなどはしません。

あとは、待つだけです。
別のレビュアーの方が見てくれる感じがしますよね。

今回は、このアピールのおかげで、リリースできました。

リジェクトをどうにも回避できなくなった場合には、かなり有効な手段です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロミー

コメント

  1. まさき より:

    こんにちは。
    app review broadにメッセージを送ってからどれくらいの時間で再審査してもらえましたかよろしければ教えてください。
    よろしくお願いします。

    • うに+ より:

      >まさきさん
      この時は、15日のお昼に送って、その日の深夜にリプライが来ています。
      やりとりを少しして、18日にはリリースできてますね。
      今はどうかわかりませんが、ご参考まで。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。