MacBook Air 購入!

小さめの、持ち歩けるノートPCがひとつほしいなと、思いながら幾数ヶ月。

寝る前のちょっとした時間に、少し触りたくなる時があるので、そんな場面でも利用したいなーとしばらく考えてました。

購入直前まで、WindowsかMacか、かなり悩みましたが、結局MacBook Airに落ち着いたのです。

MacBook Airと比較してたWindowsノートは、

★タッチパネルなWindows8ノート


ASUS VivoBook X202E X202E-CT3217

★Windows7なノート

ZENBOOK UX21A UX21A-K3128

→価格.com

など、魅力的な価格帯。

Windowsにしたかった理由は、Windows8用アプリも今後作りたいという欲求と、

その実現のためのデバイスもほしかったこと。

他の手慣れたアプリも多いし、あとはやっぱりノートPCの価格。

。。。。

結局Macにした理由は、現状を考えるとMacでコードを書くことが多い という点ですね。

あとは、無謀にもKindle用に小説を出したく(!)、その執筆用の端末としても考えていたけれど、それはWindowsでもMacでもどちらでもいいかなと。

MacBook Air 1.7GHzデュアルコアIntel Core i5 [整備済製品]

Apple Storeの、Mac整備済製品から購入しました。

まだ在庫はあるようですね。

通常購入よりは、ちょっとお買い得。

通常との違いはよくわかってないです。一個前の在庫かなーとか思ってますが。

注文して、二日後の午前中に届きました。

開封!

うむ。

本体と、電源ケーブル、延長ケーブル。

とりあえず初期設定とアップデート。

OS X は10.8.2になった。

最初はコンピュータ名が、

こんなことになっているので、

[システム環境設定] → [共有] から変更するのです。

クリック

編集

OK

入れておきたいアプリだけを、入れてしまう!

  • テキストエディタ
  • iOS開発環境のXcode

これだけ。

テキストエディタは、日本の方が作られているmiです。

mi  http://www.mimikaki.net

僕がテキストエディタに求めることは、矩形(くけい)編集ができるかどうかが一番重要なところ。

矩形選択ができると、

こんな感じに選択コピーして、

そのまま貼付けれたりするんです。

削除もそのままできるので、かなり活用している機能です。

Windowsでは、サクラエディタを利用してます。

開発環境

iOSの開発は、Xcodeを入れるだけでいいって点は、いいですね。

最初のMac(MacBook Pro)にサブバージョンのリポジトリを作っているので、

Organizer のRepositriesから追加しました。

できた。

いい相棒になってくれる気がする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロミー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。