[Xamarin] Welcomeされてみる

とりあえず諸々インストール。

の前に、Visual StudioからWindows Phoneエミュレーターを動かしたりする場合は、64bitのWindows 8以降で、マザボがHyper-V機能に対応してる必要がある。

参考過去記事:[MADOSMA] WindowsPhone開発環境…う
(現在は違うPC)

64bitのWindows 10で、最近のPCであればそのままで大丈夫ではないかと。。

あとは、ローカルインストールするためにWindowsの開発者モードの選択が必要。
「Windowsボタン」→「設定」→「更新とセキュリティ」より、チェック!
xam0

Visual StudioとXamarinのインストール!

Visual Studio Community
https://www.visualstudio.com/downloads/download-visual-studio-vs

インストーラーを起動し、それっぽいのを選択して、入れまくります。
入れまくります。

最近Visual Studio記事を書いてたので、ローカライズなどのインストールこちらを参考に。
[Unity] Windowsストアへ公開

結構頻繁に更新されているのか、WEBを検索して見ていたサイトと、実際の画面がかなり異なっていたため、うちの状況だけ載せておきます。

プロジェクト作成!

新規プロジェクト作成。Cross-PlatformのXamarin、Blank App3種類の違いはよくわからず。結果を見るとXamlでよさそう。
xam1

Xamarinアップデートされてます的なメッセージが表示されると思うので、

xam2
「プロジェクト」→「NuGetパッケージの管理」を選択し、

xam3
すべて選択して、更新。

一応、Visual Studioを再起動して、NuGetパッケージの管理を再度表示し、インストールされたのかを確認。

ビルド!

Android用をビルド。
xamandro
AndroidエミュレーターでWelcome!

Windows 8.1用をビルド。
xamwin81
WindowsアプリとなってWelcome!

Windows Phone 8.1用をビルド。
xamwin81m
Windows PhoneエミュレーターでWelcome!

Windowsユニバーサルは、先に「ビルド」→「構成マネージャー」を開いて、ビルドと配置にチェックを。
xam5

Windows ユニバーサル Mobileエミュレーターにビルド。
xamwin10m
Windows PhoneエミュレーターでWelcome!

Windows ユニバーサル ローカルコンピューターにビルド。
xamwin10
現状は、このWindows 10用だけエラーでした。

型 ‘System.TypeLoadException’ の例外が Xamarin.Forms.Platform.UAP.dll で発生しましたが、ユーザー コード内ではハンドルされませんでした

追加情報:Could not find Windows Runtime type ‘Windows.UI.ViewManagement.StatusBar’.

iOSは、Macに接続する必要があるということで、とりあえずは試してません。

もっとエラーでまくるかなーとちょっと思ってました(そういったのをどこかしらで見たので)が、入口は結構すんなり動いてくれたので、逆に想定外。

何か作ってみるかなー?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロミー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。