[GameMaker] Windows UWPのビルド

マニュアル通りにやるとうまくいきません。
いや、YoYoGamesのblogをちゃんと読めばうまくいきました。
(ので、記事内容を書き換え)

GameMaker: Studio v1.4.1763

-2147024885/0x8007000b

標準で配置されているSandBoxの証明書(WinUWPRunner_TemporaryKey.pfx)をくっつけるのに失敗し、どうやってもこのエラーコードが出まくるはずです。素晴らしく困りました。

どりあえずエラーが出なくなるようにするには、
WindowsのOSの言語を英語にするとよいらしい。

参考となったGameMaker Communityのスレッド
windows uwp, xbox one export

これで、ビルドはできるようになりました。
iOSのビルドも、Macの言語を英語にしないといけなかった。

File > Create Application または、Create Executable for Targetのボタン
実行ボタンから、インストールして実行できるようになります。

実行されるとインストールもされているので、Windowsアプリ一覧からアプリ名で見つけることができます。

あとはYoYoGamesのblogにある、UWP向けのビルド方法を参考にしました。
Windows UWP Store Submission

具体的には、Visual Studioで作成したブランクアプリ(ユニバーサルAPP)の証明書を利用します。
このブランクアプリを、Windowsストア上のアプリと紐付けたあと、その紐付けた情報だけを利用するという感じですね。

ブランクアプリを作る場合に、アプリ名を対象のアプリ名にしておくとスムーズ。実際に作ったアプリの場合はPiyooonです。

このパッケージ名を、Global Game SettingsのPackage Nameに入れ込みます。

ブランクアプリ関連付け後に生成される証明書ファイル(プロジェクト名_StoreKey.pfx)を、ブランクアプリのプロジェクトフォルダから、GameMakerプロジェクトフォルダ/Configs/Default/WindowsUAP 辺りにでもコピーし、利用します。

この状態で、緑のブラシアイコンでクリーンをしてから、Create Executable for Targetのボタンで、WindowsUWP用のパッケージを作成します。

ビルド直前のクリーンをしないとうまくいかないようです。

YoYoGamesのblogをちゃんと見直してみたところ

Introducing The Windows 10 UWP Target
Windows10desktopアプリだけをサポートしていて、10mobileは対象外のよう。

Setting Up For Windows UWP

Windows UWP Store Submission
ビルドする場合に、クリーンしてから、と書かれてありますね。

ビルド&インストール後、Windows アプリ認定キット(Windows App Cert Kit)を起動させて、提出前のチェックを行った後、ストアへアップロード。

アプリ認定キットは、Windowsアプリ一覧 > Windows Kitsの中にあります。

Windowsストアへアップロードするものは、出力先に生成された.appxファイルだけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロミー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。