[Twitter Kit iOS] 公開されているソースをビルド

試したのはiPhoneへのビルドです。

2018/5/15 Xcode 9.2

frameworkを利用する場合は、以下の記事を参照。
[iOS] Twitterの公式SDK TwitterKit の利用

公開されているソース一式をダウンロード!

Githubから公開されているソースを持ってきます。

Twitter公式が公開している、以下のページより

https://github.com/twitter/twitter-kit-ios


Download ZIPからzipファイルで落とすか、


gitコマンドを普段使っている場合は、対象のアドレスをgit cloneしましょう。

ダウンロードしたtwitter-kit-iosのフォルダを選択!

Xcodeは何かいいのか!?

Xcode 9で大丈夫でした。ビルドに使ったのはXcode 9.2です。

色々とビルドしてくれて、TwitterAPIも試せるデモAPPが付属していて、このビルドができれば、アカウント連携や投稿も試せます。

twitter-kit-iosフォルダにある、DemoAppを選択。

Xcodeを起動した後、.xcworkspaceファイルをダブルクリックで起動します。
podを利用するプロジェクトは.xcworkspaceファイルがありますね。

警告はいくつか表示されますが、それは触らないでいきましょう。

触らない。

Twitterアプリとするキー設定はどこに?

Oath認証で利用するConsumer Keyなどはどうなっているのか見たところ、

どこかでDefineされている模様。

didFinishLaunchingWithOptionsでは、以下のようにinfo.plistの内容を取ってきていました。

    NSDictionary *info = [[NSBundle mainBundle] infoDictionary];
    NSString *twitterConsumerKey = [info objectForKey:@"TwitterConsumerKey"];
    NSString *twitterConsumerSecret = [info objectForKey:@"TwitterConsumerSecret"];

    [[Twitter sharedInstance] startWithConsumerKey:twitterConsumerKey consumerSecret:twitterConsumerSecret];

設定先は、プロジェクト直下にあるConfig.xcconfig.exampleを、コピーかリネームしてConfig.xcconfigを作成し、その中に記載するのが手順そうです。


配置すると、Xcode上で選択でき、編集できます。

中を見るとわかりますが、そのままベタにWEBからコピペします。3つ目のは空白に。

TWITTER_CONSUMER_KEY = XXXXXXX
TWITTER_CONSUMER_SECRET = XXXXXXXXXXXXXXXXXXX
MOPUB_AD_UNIT_ID = 

すでに使っているアプリのものを利用するか、新しく作るか。
このキーに関しては、こちらを参照。
[iOS] Twitterの公式SDK TwitterKit の利用

このキー設定ができれば、このデモAppがビルドできるようになります。

TargetのDemoAppと、DemoAppTestsのSigningの設定は要りますよ。

frameworkも一緒にビルドされます。

実機で確認

アカウント連携は、実機にインストールしないと動作しないかもしれない。


画面右上からアカウントを追加。


投稿だけでなく、タイムラインを見たり、ツイートのビジュアルを変更して確認できるViewもあったりと、独立したTwitterアプリを作る場合は、色々と参考になりそうです。

一回投稿を試すと、投稿はできたけど、アプリ固まりましたという報告も一応書いておきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロミー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。