iCloud対応、、、

次のアプリがあんまりたいしたことがない(!?)ので、
iCloud対応もいいかなと、してみたのであった。

がしかし、

CoreDataを使っている場合、少しの実装の変更だけで対応はできたのだけど
iCloudに保存されるデータは、CoreDataのトランザクションログみたいなもの。

1つの端末で更新されると、他の端末へはその更新差分が送信されて、更新された。
たくさん更新しても、ちゃんと反映された。
機内モードで更新しても、また戻すと更新されていた。
アプリを一度消して、入れ直すと、すべての履歴が反映された。

使い始めてからの、すべての操作履歴が保存されてるってことだ。

1 Aを追加して
2 Aを消した。

データベース上にはデータはないけど、データ復旧時はこの復旧操作が動いてしまう。
写真データの場合、
消してしまった写真をダウンロードして、そのデータを削除する という無駄なトラフィックが発生するのだろう。(調べてはない)

使い始めたアプリは、そうそう消さないとは思うのだけど
期待したものとは違っていた。

CoreDataを利用したとしても、iCloud上では1データ1ファイルとして管理すればいいのだろうね。
すでにCoreDataで実装したアプリが完成してしまっているので、それをiCloudだけはファイル管理って対応をするのは大変だなーたぶん。

なにか違う方向を考えることにしたのでありました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロミー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。