[Logicool M500] マウスのチャタリングが復活剤で治った!

愛用しているロジクールのm500とm500t。
左の一回クリックがダブルクリックになったり、ドラッグしようとしてもすぐ離れたり。

マウスのクリックがうまくいかないのをチャタリングと言うようで、webを検索するとたくさんヒットします。

結構長~く使っていた2つがそんな感じになってしまっていたので、クリックのスイッチを、接点復活剤なるもので復活させるべく!やってみた!


もうロゴが消えたりと年季が入ってます。


KURE 接点復活スプレー #1424 220ml
購入したのは、定番らしいこのスプレー。

別商品で容量の異なる「コンタクトスプレー」は、販路が違うだけで中身同じという情報を見かけました。

KURE(呉工業) コンタクトスプレー(300ml) 接点復活剤 1047 [HTRC2.1]

小さめのマイナスドライバーで、マウスの滑り止め的なのをうまく剥がし。
ネジは全箇所にありました。
画像の配置だと、右上だけ上側で、他は下側に。

少し小さいサイズくらいのプラスドライバーで外せます。


マウスコードを持ちながら開ける感じに。

左右のスイッチがあるので、そのスイッチを復活させる!スイッチの所へプシュッと。

内部へ浸透させます。この復活剤はプラスチックに大丈夫のようですが、大丈夫じゃないものもあるようなので、注意するところです。

爪楊枝でカチカチしました。

多少乾いたかなーというくらいで組み立てました。
裏のネジの所のシールは、そのまままた貼れました。

組み立てたあとに、強めに押したり更なるカチカチをしたのち、PCへ接続。

使いながらこの記事を書いてますが、これは、治ってます
たぶんまだ液状かもしれない。

しばらく様子見ですね。→数日使いましたが、再発せず!復活剤すごい。


Logicool ロジクール 有線レーザーマウス M500t

もう1個買おうかな、、。

ロジクールは3年保証があるようなので、購入から3年経ってなければ、修理のところへ問い合わせると無料交換してくれるのかもしれません。

『参考リンク』
Logicoolのマウスが壊れたので保証で無償交換してもらった話

復活剤、ファミコンカセットの端子復活にも使えそうで、綿棒も買いました。


綿棒、初めて買ったかもしれない。
200本入りで100円とは、、、メーカーさん大丈夫なんですか、、

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロミー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください