MacBook Pro 13-inch, Early 2011 バッテリー交換

Amazonで購入。


純正 Apple MacBook Pro 13 inch MB991J/A MB990J/A MC375J/A MC374J/A バッテリー 【A1322】

購入時の販売元は、Y.O.S販売という所でした。
販売元はいろいろだけど、Amazonから届くという形式ですね。

Amazonのレビューを見る限りでは、純正ではないものも、届く場合があるように思えますが、そのあたりは注意していてもどうしようもないのかな(・・;)

注文後、2日経たないくらいに結構すぐ届きました。さすがのAmazon。

箱の印刷

必要なドライバーは、箱の中に付属されてました。

プラスドライバーは、MacBook本体用。
Y型ドライバーは、バッテリー部分の2つのネジ用でした。

このあたりも、付いていたり付いていなかったりと、レビューからわかります。
販売元によるのか、どうなのか(><
僕も届くまでは、ちょっと不安でした。

開けるのは、結構すぐ開きます。ネジがちいさいのでなくさないようには注意。

バッテリーと本体が繋がっているコネクタは、上から下向きに刺さっているので、上向きに軽く持ち上げるように、うまく外します。

バッテリー中央にあるセロハンは、取り出す用ですね。
バッテリーは、上の画像だと手前側に収まっているので、セロハンで上に持ち上げながら、奥方向へ取り出します。

外した写真。

タッチパッドの、タッチ具合の調整もここでできるようです(タッチバッド部分にあるネジで。)が、それはまた違ったドライバーがいるネジ穴です。

取り付け。

新しいバッテリーは、両面に透明セロハンが張ってあるので、はがしてから入れ込みます。

コネクタは、力をいれなくてもはまったので、ゆっくりと。
あとはネジを同じ場所に止め、カバーも元通りにし、電源コードをつなげて、電源を入れます。

最初の充電量は30%ほどありました。
MacBook Proは、電源投入後に横のランプが光って、だいたいの充電量がすぐわかりますね。

最初の電源をいれても画面がつかなかったので、電源ボタン長押しから終了し、再度の起動でうまく動きました。

交換後の80%近く充電したバッテリー情報画面

シリアルは表示していいのかわからず、半分隠してます。

電源を入れて最初に見たときは、残りの充電量が0になっていたような。
充電中に数値が入ったんだと思われます。

とりあえずうまく動いてますね!(一安心、、)

自分でこういった交換をすると、メーカーサポートが受けれなくなるかもしれず、そのあたりを認識の上で、やりましょう。もし近くにApple Storeがある場合は、金額は高くなると思いますが、そちらがいいとは思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロミー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。