[NEOGEO mini] MAGIC-NSでアーケードコントローラーを使う!

NEOGEO mini、定価に比べるともう結構お安くなっている感じではありますね。

   

本体のスティックとボタンでの操作、別売りのパッドでの操作も、結局のところ、ちゃんと遊ぶには、とても難しい。
格闘ゲームで一番重要である「技が出ない」という、がんばればどうにかいけるんだけど、すごく遊びづらくて、遊びたかったゲームもなかなか遊ばず、置き物になってました。

その状況を一転させたのは、やはりアーケードコントローラー
そもそもNEOGEOはそのほとんどがアーケードゲームだったので、パッドだけなのは物足りないですよね。

本家からアケコンは出ていないので、NEOGEO miniのコントローラー入力の挿し口から、切り替え機を挟んで、既存のコントローラーを差せるものがいくつか出てます。

NEOGEO miniに限らず、色んなゲーム機、PCでも利用ができるというものです。

以下2つが有名どころのようですが、他にもありそうです。

スーパーコンバーター (PS4/PS3用コントローラ対応) コロンバスサークル

Mayflash MAGIC-NS

この2つの大きな違いは、スーパーコンバーターは、キーコンフィグができて、MAGIC-NSはキーは固定のようです。
対応機器の差もあるとは思います。

僕が購入したのは、上記のamazonページから購入したMAGIC-NSです。検索するとたくさん出てきます。販売元にあるリンク先よりも安かったのでつい買ってしまいましたが、問題はなかったですね。

使いたかったのが、うちにある使い古されたXbox360用のアケコンだったからなのもあって、こちらを選択。

届いた時点で最新のファームウェアになっていたので、単純に繋げただけで、アケコンが使えました。
使い古されたXbox360用のアケコンに新たな息吹が!!


MAGIC-NSの裏側が光るので、使用中に光は見えてません。
対象の機器によって色が変わるようですね。

しかし!!ボタンの配置に結構な違和感が。

HORIのリアルアーケードスティックですが、Windows10のPCでもまぁまぁほぼほぼのゲームで使えるので重宝してます。
一度断線のような故障をして、HORI直送で修理してもらってからも、結構ずっと現役が続いています。

コンバーター経由のボタン配置は固定で、マニュアルにも記載があります。
マニュアルは、販売元の配布しているNEOGEO mini対応のファームウェア内にあります。

販売元のファームウェア配布場所
https://shinka-japan.com/products/mayflash-magic-ns/

rarファイルで配布されているので、解凍できる何かは要りますが、その中にマニュアルも入ってます。


XboxのABXYが、NEOGEO miniのBDACとなるという見方であってそうです。

一応、NEOGEO miniに入っている、ほとんどのゲームで、各ゲームごとにキーコンフィグはできます。

でもしかし、全般的に、家庭版NEOGEOコントローラーと同じ配置の、ABCDにしたい。
アケコンのボタン自体を入れ替えることにしました。

アケコンのボタン周りはシンプルなので、配線を抜いて挿してするだけです。

そしてついに、すごくとても遊びやすくなった!!


外部ディスプレイへHDMI接続時は、画面が横に延ばされない設定にすると、ほぼ実機です。

しかし、更なる問題がひとつ。
ゲームの技表が、マニュアルや本家サイトにもありません。

販売されている最初に出た書籍に関しては、Kindle版はAmazon Prime入ってると無料とか、現在300円になっているので購入もしやすいです。


NEOGEO mini 対戦格闘ゲーム攻略ガイド

ちゃんとしたボタン配置のアーケードスティックがあるだけで、結構息抜き以上に遊ぶようになってしまった。

ほぼ必須と言える、アケコンと技表の2つは、公式にはないけれど用意はできるものなので、結構遊びたい感じな人は、試してみるともっと楽しめると思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロミー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください