[iOS] 動いた!ひよこのちっぴステッカー

アニメーションステッカーです。ついに動きました!!

動く!ひよこのちっぴステッカー アニメ 1

この単体版と、以下のステッカー内のアドオンの2種類あります。

ひよこのちっぴステッカー

いらなくても買ってください!!

2種類あるのは、結構リリースしたあとで統合できるような更新をしたため、2通りの使い方をそのまま継続しているためです。
統合といっても別アプリなので、購入に関しては別扱いです。

統合版に関しては、こちらに記載しています。
ひよこのちっぴステッカー 統合版!

まだまだ全然こういったアプリは見かけませんが、お知り合いのコトリヤマさんは参考にしてくれたようです。
作り方を聞こうか迷いつつ、頑張って自作したということをこの間お会いした時に聞きました。

実装しようとすると、まぁまぁ結構試行錯誤はありますので、多少は!聞いてくれても大丈夫ですよ!

やさしいギャグ KOTORIYAMA K.K.

使い勝手の良い人気のステッカーです!

今回のアニメーションちっぴの制作は、レビューがきっかけでした。
シーズンの最新版でのレビューに、「次は是非動くちっぴを!」的なコメントをもらえていて、どうやって作れるかな?と考え始めたところから、この企画は始まったので、そのレビューにはとても感謝です。

とはいえ、アニメーションの全枚数を描く器量も時間も余裕もないので、ベクターアニメーションでうまくどうにかいけないかと。
多分Adobe After Effectsが一番良いのかなぁと見つつ。

AdobeCCは今は契約していないので、候補にはあげつつ、
Apple Motionはどうだろう、とも候補にあげつつ、
検索していて見つけたMoho Pro 12が、ちょうどセール期間で、やりたいことはできそうだったので、こちらを試しました。

Moho Pro 12 sourcenext
ちょくちょくセール(80%オフとか)しているようです。

今回は、これでアニメーションを作って出力したものを、CLIP STUDIO PAINTに読み込んで縁取りと、動画形式のAPNGファイル化してます。

Moho画面

ベクター形式を、外部からうまく読み込めなかったので、全部このアプリ内部で描いてます
資産的には難しくなりそうで、考え所です。次回はAfter Effectsを試すかもしれない。

CLIP STUDIOで出力

背景透過のAPNG形式への出力ということですね。

アニメーションとして作ったのは30種類ほどで、その中の24個でリリースしました。結構時間はかかりました。
新しいことを始めるのは楽しいですね!

また次回、アニメ2もあると思います!!

動く!ひよこのちっぴステッカー アニメ 1

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロミー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください