[iOS] 開発者アカウントの2ファクタ認証

設定が必要なアカウント宛にだけメールが来てるんだと思います。

2月27日あたりから。未設定なら設定してくださいと出るようになるんじゃないですかね、きっと。

Reminder: Two-Factor Authentication Required Soon
requirement for Account Holders

App Store Connect内のUsers and Accessでユーザー追加や権限設定ができますが、今回2ファクタ認証が必須となるのがAccount Holders

個人開発の場合は一人(一つのアカウント)が登録されているはずです。
そのAppleアカウントに2ファクタ認証を設定してしまえば、それで良さそうです。

開発用として別のAppleIDに権限を付与して利用していたとしても、Account Holderが奪われたりしないように、Account Holderの2ファクタ設定は必須ということですね。

ささっと設定

最初に2ファクタ認証にしたいアカウントのIDで、以下AppleIDのサイトへサインイン。
https://appleid.apple.com/

サインインするとAppleIDの状況が見れますが、
最初のサインインで、3つの質問選択と答えの追加があるかもしれません。(*1)
この設定する質問が聞かれる場面もあると思うので、確実に忘れない内容が無難です。
直後のサインインで聞かれた記憶があります。

(*1)3つの質問は5年ほど前に追加されましたが、アカウントをそれ以前に作成し、開発だけで使っていたアカウントの場合は、その設定機会がなく、今回設定が必須になると思います。

2ファクタ認証の設定(*2)は、
そのアカウントを使ってiPhone,iPad,Macなどの端末からのサインインが必須です。
上記のAppleIDサイト、自分のアカウント情報のSecurityの欄で、2ファクタ未設定の場合は以下の説明を参照できるはずです。

追加したいアカウントで端末などへサインインすると、上図の説明のように移動しなくても、設定メニュー的なもの(「2ファクタ設定うんぬん」)が勝手に出てくるような気がするので、そこから移動し、SMS受け取り用の電話番号を設定します。
それくらいで設定完了です。

番号入力は、携帯であれば+81[80xxxxXXXX]か+81[90xxxxXXXX]とかそういう感じの。最初の0は入れてない。

設定後のサインイン時、IDとパスワード入力後、サインイン画面が数桁の数字入力となり、SMSで送られてきた数字を入力してサインインします。
2ファクタ認証は、元々のパスワードサインイン後に、その際に送られてくる番号を使って2段階的にサインインするということですね。

(*2)開発アカウントが普段使っているアカウントと同じであれば、2ファクタ設定が目につくように表示されていたため、すでに設定済みということもあります。

SMSではなく通知として受け取りたい

通知として受けたい場合、最初のAppleIDのサイトで参照できる、アカウント情報のDeviceの一覧に載っている必要があって、それはサインイン済みの端末でないといけないです。
デバイス上でサインアウトすると、この一覧から消えます。

一覧から消えると、通知が送られる対象ではなくなりますが、最初に登録した電話番号の端末であればSMSが届きます。

サインイン済みの端末にするには、最近のiOSでは、通常のAppleIDのサインイン以外で、iCloudへのサインインも対象です。
iPhoneの設定>「パスワードとアカウント」からiCloudを選択し、サインイン。
追加された対象のアカウントを選択して、同期はオフなどに。

このサインインも、アカウント情報のデバイスの一覧に追加される行為になっていました。

気になったこと

<そのいち>
Mac上ブラウザでのサインイン時、「かな」がONになっていても数字を入力できるけど、通りません。
番号あってるのに通らないと思ったら、英数キーを押して英字に!

<そのに>
ブラウザからサインイン時、信頼するブラウザにすると、その後のサインインで2ファクタになりません。
(これは期限あるかな?)

早めにやっておくか、必要になってからやるかでしょうか。

2ステップ確認が設定済みの場合、外してからの設定が必要でした。
2 ステップ確認から 2 ファクタ認証に切り替える – Apple
Apple ID の 2 ファクタ認証 – Apple

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロミー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください